シャドウイングのすすめの詳細

シャドウイングのすすめ

日本の英語教育はほとんどの場合読み書きを中心にして行われますね。読み書きに限って言えば日本の英語教育を受けた人は世界的に見てもかなりの能力を身に付けている場合が多いそうです。一方で日本人は読み書きはできるのに英会話ができないという話をよく聞きます。その対策としてほとんどの学校で英会話の授業を取り入れているようですが、その英会話の授業が例えば英語圏出身の先生によりとり行われるにしても、その授業が週に1回や2回だったらその効果がそう簡単に得られるわけではないということは想像に難くありませんね。だからと言って英語に触れる際に常にそれがネイティブの発音であるなんてことは、現状の日本の英語教育では実現することは難しいと思います。そこで、英会話が苦手、英語の聞き取りが苦手、という人にはシャドウイングがお勧めです。ネイティブの読み上げる文章(教材付属のCDなどでもOK)を、それに一瞬遅れて復唱するというものです。慣れるまでかなり難しく感じられると思いますが、中学生レベルのごく簡単な英文から始めて、慣れてゆくうちにだんだん文章の難易度や読み手の読み上げスピードを上げて行くと良いです。非常に集中力を要する勉強法かとは思いますが、リスニング、スピーキングともに確実に力がつくので、とてもお勧めです。



インタビュアーの紹介
陽介画像
名前 伊藤 陽介
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 みなさまはじめまして、伊藤と申します。今回はいまの円高の中、注目度が高まっている海外からの個人輸入ビジネスを実際に行っている方へのインタビューを担当となります。当ページの情報が皆様にとって少しでもご参考になれば幸いです。