日本にいながら英会話力をアップさせるにはアウトプットする機会を見つけようの詳細

日本にいながら英会話力をアップさせるにはアウトプットする機会を見つけよう

"わたしは中学生の頃から英語が得意で、大学で英語を専攻しました。英検準1級、TOEIC885点を持っています。海外留学経験は全くありません。海外旅行は何度か行ったことがありますが、旅行ではそんなに英語を話す機会がありません。ですから、ほぼ日本にいながら英会話力をアップさせたことになります。

友達のケースから見ても、やはり高校や大学で1年でも、いえ、たった3か月でも英語圏の国に留学した人はかなり英語が話せるようになって帰国します。もちろん、本人の努力次第ですが、最初は全然話せなかった人でさえも英語がペラペラになって帰ってくる人もいるのです。

それを見ながら、自分も日本で英語をがんばらないとという闘争心のようなものが芽生えてきました。わたしの経験上、日本にいながら英会話力をアップさせるためには、インプットするだけでなく、アウトプットする機会がとても大切だと思うのです。

わたしたちは中学生の頃から約10年間英語を学んで、十分インプットはできていると思います。しかし、話す機会がほとんどないためにそのインプットしたものをアウトプットすることができずにいるのです。

わたしは、大学時代に恵まれて英会話サークルに所属していて、日本人同士ではありますが、毎日英語で話す機会がありました。また春休みや夏休みには1週間英語のみで話すというキャンプもありました。その機会を通して、英語を話すことに対して抵抗がなくなったので、とても貴重な経験でした。

ぜひ日本にいながら英会話力を身につけたい人は、英語のみで話せる環境を見つけてアウトプットしてほしいと思います。"



インタビュアーの紹介
陽介画像
名前 伊藤 陽介
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 みなさまはじめまして、伊藤と申します。今回はいまの円高の中、注目度が高まっている海外からの個人輸入ビジネスを実際に行っている方へのインタビューを担当となります。当ページの情報が皆様にとって少しでもご参考になれば幸いです。