英語を身近なものにすることが大事の詳細

英語を身近なものにすることが大事

" 中学校で英語の授業が開始されてから、どのくらい経つのでしょうか。世の中のグローバル化に対応して、英語の重要性が叫ばれるようになってからも相当な年月が経っていると思いますが、依然日本社会では英語は特別なもの、という感があります。
 英語が喋れるというと、未だにそれはすごい能力があるように思われがちです。今では小学校から英語の授業がありますが、それでも苦手な子供達は多いようです。何年間も学校で授業を受けているのに話せないというのは、やはり日本の英語教育の取り組みがズレているからのような気がします。確かに文法は大事ですが、言葉は使って価値があるもの。ただ読み書きするだけの「学問」ではないので、まず使うことを教えるべきだと思います。そのためには、幼稚園の頃から、目や耳で英語に慣れることから始めて、文法や単語の間違いなどを気にしないで、自分の話したいことを英語を使って自由に楽しく話せる機会を作ることが必要です。英語を特別のものではなく、身近な意思伝達のための当たり前の手段として感じさせることが大事だと思います。"



インタビュアーの紹介
陽介画像
名前 伊藤 陽介
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 みなさまはじめまして、伊藤と申します。今回はいまの円高の中、注目度が高まっている海外からの個人輸入ビジネスを実際に行っている方へのインタビューを担当となります。当ページの情報が皆様にとって少しでもご参考になれば幸いです。