個人輸入代行とはの詳細

個人輸入代行とは

インターネットを活用した個人輸入代行が注目を集めています。耳にしたことがある人やさまざまなメリットを聞いたことがある人も多いでしょう。では、個人輸入代行とはいったいどのようなものなのでしょうか。

個人輸入とは海外の製品を個人で取り寄せて購入することです。通常、海外の製品はその企業の現地法人、あるいは日本での代理店が国内の市場に流通させて販売することになります。それに対して個人輸入の場合は、直接現地の企業や店舗とやりとりを行い、注文・購入することになります。つまり国境を越えた形で取引を行うことになるのです。

しかし日本人が個人輸入を行う場合には言語という大きな壁があります。アメリカの製品を購入する場合には英語能力が求められるわけです。製品情報を読み取る読解力は当然のこととして、問い合わせや必要事項の記入などに英作文の能力が求められます。最低限メールで意思の疎通が可能な程度の語学力が大前提となるのです。個人輸入の場合には到着の遅れや誤送をはじめとしたトラブルも多いため、個人輸入は素人にはなかなか難しいものでもあるのです。

しかしそんな面倒な個人輸入を代行してくれる業者があります。購入者と海外の企業・店舗を仲介し、意思の疎通と取引内容の確認を行うことによって個人輸入をスムーズに行うことができるのです。利用する側としてはその国の言葉がまったく理解できなくても日本語だけで取引を行うことができます。当然、中間マージンが発生しますが、それでも手間やトラブルのリスクが減らせる分、お得なシステムといえるでしょう。インターネットのおかげで個人輸入代行を手軽に利用できるようになった点も普及の要因となっています。



インタビュアーの紹介
陽介画像
名前 伊藤 陽介
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 みなさまはじめまして、伊藤と申します。今回はいまの円高の中、注目度が高まっている海外からの個人輸入ビジネスを実際に行っている方へのインタビューを担当となります。当ページの情報が皆様にとって少しでもご参考になれば幸いです。