輸入代行は自分で海外に行って直接問屋から安く買うの詳細

輸入代行は自分で海外に行って直接問屋から安く買う

"個人の輸入代行には、直接に海外の問屋と交渉をしてみるのが一番の方法です。

個人でやるには、自分で仕入れる問屋を探さなくてはならないのです。個人ですので、自分で問屋を見て交渉をするのです。

自分が服を安く売りたい場わいには、服を卸している店を探します。その店も、値段が色々ありますから、自分がどれだけの予算で仕入れが出来て、いくらほどで売るのかを検討します。

その予算にあった価格で安く仕入れれば、売った分との差が大きくなり、収入が大きくなるのです。

その時の流行のデザインや色、柄を何枚ほど仕入れるのか、
いくらで売れるかを瞬時に確認して購入します。

購入するのは、問屋の価格をそのままに購入する場わいと、
その購入する価格を値切って安く購入する場わいがあるのです。

慣れてくれば、自分で交渉をして値切って安く購入が出来るようになります。まとめて何枚購入するからいくら安く出来るかを交渉するのです。

問屋は、多く売りたいので、まとめて多く購入した方が良いのです。
同じお店で、何度も買えば、常連になりますので、問屋も安く提供をしてくれたり、在庫を確保して置いてくれたりするようになるのです。"



インタビュアーの紹介
陽介画像
名前 伊藤 陽介
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 みなさまはじめまして、伊藤と申します。今回はいまの円高の中、注目度が高まっている海外からの個人輸入ビジネスを実際に行っている方へのインタビューを担当となります。当ページの情報が皆様にとって少しでもご参考になれば幸いです。