アジアの民芸品の輸入と販売の詳細

アジアの民芸品の輸入と販売

"個人の輸入代行といえば東南アジアの物価の安い国に住んでいる日本人たちがやっている仕事と関係があるかもしれません。
現地の民芸品を格安でまとめ買いし、日本で高く販売するというものです。
もちろん海外郵送は高くてわりに合わないので日本から遊びに来た知り合いに頼んで持って行ってもらったり、現地に住む日本人の知り合いや自分自身が帰国するとき持って行くというのがいわば輸入代行になるのだと思います。
日本での販売方法はインターネットを通じての通信販売、またはどこかふさわしい店舗に依頼しての委託販売があります。
通信販売の場合日本国内で注文の品を郵送するスタッフが必要になります。
この仕事は物価が安い国だからこそやりやすいと思います。
卸値の10倍の販売価格をつけても日本人にとっては安いと感じる値段にできるのです。
おまけに利益がわずかでも現地なら十分生活していくことができるので軌道に乗ってしまえばずっと続けられるし、現地の生産者の利益にも貢献できます。

"



インタビュアーの紹介
陽介画像
名前 伊藤 陽介
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 みなさまはじめまして、伊藤と申します。今回はいまの円高の中、注目度が高まっている海外からの個人輸入ビジネスを実際に行っている方へのインタビューを担当となります。当ページの情報が皆様にとって少しでもご参考になれば幸いです。