利用した際の到着期間の詳細

利用した際の到着期間

ネット通販はサービス向上が目覚しく、業者によっては注文したその日に発送してくれる場合もあります。発送後は交通事情にもよりますが2〜3日もあれば到着します。しかしこれはあくまで日本の充実した流通網あってのことであり、海外を相手にした個人輸入の場合はこのような迅速な対応は期待できません。注文したのに、お金を払ったのになかなか届かないといった不安を抱えることになるのです。

個人輸入代行を利用すれば少なくとも商品が届かないといった問題を抱えずに済みますが、到着期間の問題は残ります。では個人輸入代行業者を利用した場合、注文から商品の到着までにどれぐらいの期間がかかるのでしょうか。

到着期間を決める要素は大きく分けて3点。代行業者がどれだけ購入の手続きと商品の発送を早く行ってくれるか、海外の店舗がどれだけ迅速に対応してくれるか、そして海外からの輸送方法です。1点目は注文から24時間〜48時間程度で購入の手続きを行ってくれ、商品の発送は1〜2営業日程度が目安となります。2点目は店舗によりさまざまですが、日本とそれほど変わらず2〜3営業日くらいで行ってくれるでしょう。問題は輸送方法。輸送方法にはさまざまな種類があるため、どれを選ぶかによって到着期間が異なってくるのです。一般的な国際書留郵便の場合は平均で1週間程度。より配送料を安くできるSAl便の場合は平均で2週間程度となります。

このように、個人輸入代行を利用する場合には到着期間に関する知識も踏まえておくことが重要になります。不要な心配を抱えないためにも確認しておきましょう。



インタビュアーの紹介
陽介画像
名前 伊藤 陽介
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 みなさまはじめまして、伊藤と申します。今回はいまの円高の中、注目度が高まっている海外からの個人輸入ビジネスを実際に行っている方へのインタビューを担当となります。当ページの情報が皆様にとって少しでもご参考になれば幸いです。