ドバイに響くおばちゃんの大阪弁の詳細

ドバイに響くおばちゃんの大阪弁

"5年ほど前、ちょうどドバイが観光地として有名になりはじめた頃、意を決してドバイ旅行を敢行した。
建築中だった世界一の高層タワーや、幾何学的な模様に埋め立てされた海上都市、7つ星の高級ホテル、砂漠の中にあるスキー場など、ドバイではさまざまな観光スポットが話題になっていた。
東京に住んでいた私は、羽田から関西空港に向かい、そこからエミレーツ航空のドバイへの直行便に乗った。
驚いたのは、直行便の飛行機では、座席のほとんどが大阪のおばちゃんで占められていたことだ。
「ドバイでなぁ、ブランド買いあさるんや」
「え? 飛行機禁煙なん? 10時間もガマンするんか」
飛行機内に響くおばちゃんの大阪弁。それに耳を傾けていると、本当に行き先がドバイなのか、曖昧に思えてくる。
おばちゃんたちとはホテルも同じだった。朝食のバイキングでは普通に白いご飯、魚の塩焼き、納豆までが用意されていた。
朝食会場や、オプションのサファリツアーや船上ディナーでもおばちゃんたちと一緒になった。最後は気さくに話せるくらい打ち解けていた。
ドバイの雄大な高層ビル群や砂漠を思い出すたびに、おばちゃんたちの陽気な大阪弁が脳裏をよぎる。
大阪のおばちゃんはドバイでもマイペースだった。
"



インタビュアーの紹介
陽介画像
名前 伊藤 陽介
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 みなさまはじめまして、伊藤と申します。今回はいまの円高の中、注目度が高まっている海外からの個人輸入ビジネスを実際に行っている方へのインタビューを担当となります。当ページの情報が皆様にとって少しでもご参考になれば幸いです。