数量制限の詳細

数量制限

個人輸入は個人が自分で利用するのを目的として海外の製品を直接購入することです。それを仲介する個人輸入代行が人気を集めており、とくに医薬品の個人輸入代行を取り扱う業者が多数存在しています。インターネットで検索すればそういった業者を多数見つけることができるでしょう。

日本で購入するには医師の処方が必要だったり、入手が困難な製品を入手できる点が最大の魅力で、あくまで個人目的で購入するため自由度の高さも重要なポイントとなっています。しかしいくら個人での利用だといっても好きなものを好きなだけ購入できるわけではありません。個人輸入代行を利用する際には購入する製品の数量に関して一定の制限が設けられているのです。

では、どのような数量制限が存在しているのでしょうか。まず購入者が非常に多い医薬品について。医薬品と医薬部外品に関しては2ヶ月分以内の購入となっています。なお、毒薬、劇薬、処方せん薬など体への影響が大きい薬に関しては1ヵ月以内となります。それから外用剤。こちらはひとつの品目に対して24個以内となります。また化粧品の類に関しても同様の数量制限が設けられています。

あとは健康器具。こちらは同じ製品を1セットまで。この健康器具はあくまで家庭用で利用するものに限ります。個人で利用するためのものという名目のためです。

このように、個人輸入といっても購入できる量には一定の制限があります。利用する際にはどの程度購入できるのか、送料や関税などのコストに見合う買い物となるのかどうかを確認しておく必要があるでしょう。

大手の紹介予定派遣を見つけたい方はこちらのHPを見てみてね!


インタビュアーの紹介
陽介画像
名前 伊藤 陽介
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 みなさまはじめまして、伊藤と申します。今回はいまの円高の中、注目度が高まっている海外からの個人輸入ビジネスを実際に行っている方へのインタビューを担当となります。当ページの情報が皆様にとって少しでもご参考になれば幸いです。