発送形態の種類についての詳細

発送形態の種類について

個人輸入代行を利用すれば海外の製品を手軽に入手することができます。以前は業者を探したり、欲しい製品を購入できるかどうかをチェックしなければならないなど面倒が多いものでしたが、インターネットの普及によってそういった問題が解消され、誰でも手軽に利用できるようになりました。

そんな個人輸入代行の利用では商品の発送形態が重要なポイントとなってきます。どんな商品であれ、海外から発送され日本に届けられることになります。ネット通販と変わらない感覚で購入できるといってもこの輸送に関しては昔と変わりません。個人輸入代行業者によってはさまざまな発送形態の中から好きなものを選べる場合もありますし、そうでない場合はどんな種類の発送で商品が届けられるのかを確認しておく必要もあるのです。

発送形態の違いによって到着時間や利便性に大きな違いが出てきます。速いものでは5〜7日間程度で届くものもありますし、2週間以上かかってしまうものもあります。また、保証を利用できるものや、局留めが可能なものなど、さまざまな違いが見られるのです。

個人輸入代行で利用される発送形態のうち、代表的なものを挙げてみましょう。まずエアメール。国際航空普通郵便で、もっとも基本的な発送形態といえるでしょう。それからEMS。これは国際航空速達書留郵便。エアメールとの違いは到着の速度よりも保証があるかどうか、荷物の輸送状況を確認できるといった点にあります。ほかには海外専門の宅急便であるDHL便、航空便よりも安く利用できるSAL便なども代表的な発送形態として挙げられるでしょう。安全に早く商品を入手するためにも、この発送形態に関する知識も身につけておきたいところです。



インタビュアーの紹介
陽介画像
名前 伊藤 陽介
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 みなさまはじめまして、伊藤と申します。今回はいまの円高の中、注目度が高まっている海外からの個人輸入ビジネスを実際に行っている方へのインタビューを担当となります。当ページの情報が皆様にとって少しでもご参考になれば幸いです。