日本の英語教育は文法が多いの詳細

日本の英語教育は文法が多い

"日本の英語教育は主に中学、高校と最低でも6年はあります。しかし、日本人には英語が難しくなかなか習得できないのが現実です。いろいろな要因があると思いますが、そのひとつに文法の勉強が多すぎるように思えます。

もちろん、文法は必要であり、それがないなら、正しい英語を覚えることができません。しかし、大切なのはテストで点を取ることではなく、どれだけ英語に馴染み、英語を話せるようになるかです。文法はその点で細かいことを教えやすく、テストにはしやすいとは思いますが、あまり重要ではありません。文法をいくら学んでも英語を流暢に話せるようにはなりません。

英語を外国人を話せるようにならなければならないのです。ですからできるならば、日本語のできない、外国人が教師になって教えるほうが効果的だと思います。日本人の先生では、日本語を使ってしまいますし、自分の英語が外国人に通じるかどうかが分からないのです。そして外国人と接する機会がないために忘れていくのです。"



インタビュアーの紹介
陽介画像
名前 伊藤 陽介
性別 男性
誕生日 3月13日
出身地 三重県
自己紹介 みなさまはじめまして、伊藤と申します。今回はいまの円高の中、注目度が高まっている海外からの個人輸入ビジネスを実際に行っている方へのインタビューを担当となります。当ページの情報が皆様にとって少しでもご参考になれば幸いです。